こんにちは☆
東京家政大学児童文化研究会ほうき星部長の山村です(^^)
 
今日は中町保育園3歳児クラスの父母会の方からの依頼で、中央町社会教育館というところで上演を行ってきました。
 
演目は、
人形劇「うさぎのおべんとう」
パネル「ぽんたのじどうはんばいき」
の2つを上演しました!


参加者の感想です↓


見に来てくれた子ども達は
とっても元気いっぱいでした!
今回は一人で司会をやりましたが、一人はなかなか機会がないので緊張してしまいました。
次やるときはもっと子ども達が乗ってくれるよう頑張ります。
劇はトラブル続きだったので、落ちついてやっていきたいと思います。
パネルシアターは途中手の動きをちっちゃく真似してくれている子がいたのが可愛かったです。
(3年・宮崎智美)

ミスを連発してしまい反省することばかりの上演でした。これからは今まで以上にもっと練習をしなくてはいけないと感じました。
子ども達がすごく元気だったので元気をもらうことができました!
(2年・山下もも)

今回私は、
司会と人形劇をやりました。
劇では失敗がめだち、もっと練習しなきゃと思いました。
上演がおわったあと、子どもが人形かわいい~って言ってくれたり、嬉しかったです☆♪
ありがとうございました
(2年・二宮淑恵)


***

今回は3年2年の4人で行ったので1人分の荷物が重く、朝も早かったし、とても暑かったしで大変でしたが、本当に子どもたちの元気パワーは凄かったですね(*^o^*)
元気をもらいました★

ジュースやお菓子も頂き、父母の皆様、この度はほんとうにありがとうございました。


暑い日が続きますが、
これからもまだ上演依頼はあるので
子どもたちの笑顔と元気パワーに
元気をもらって頑張りましょう!
 
スポンサーサイト